サイト内検索: ホーム     |     アメリカ国立公園     |     アメリカ写真特集     |     高画質写真館    |     リンク集   
Powered by Web Hosting Pad 
ホーム

旅行情報
海外旅日記
国内旅日記


旅行計画


アメリカ・カナダ写真
(pipipiga版)
ヨーロッパ写真
アジア写真
国内写真


紅葉, , 花火, 飛行機

アメリカ映像

壁紙

カメラ

プライベート
リンク集


オッシーの日記
オッシーのブログ
ジャイ子の日記


管理人ページ




Web Hosting Pad

ミシガン湖一周+トーチ湖+スペリオル湖の癒し夏休み

第36話:2012年08月18日〜25日(7泊8日)

登場人物

オッシー & ジャイ子 & ピンピン(2歳10ヶ月) & パンパン(0歳2ヶ月)

写真合計64枚ロードするのに時間がかかるかもしれませんが、辛抱強くお待ちください。

行程マップは左下のデイトンから北にスタートです!

クイック予定表
日記が長いため、日にちごとにブックマークをつけましたので、その日にジャンプすることができます。
もちろん、順番通りに読んでいただいてもかまいません。

日にち

州名(括弧は通過)

訪問都市名・観光地

18日(土)

(オハイオ)・ミシガン

Grand Haven(Grand Haven State Park)、Sleeping Bear Dune National Lakeshore、Traverse City

19日(日)

ミシガン

Torch Lake、Mackinaw City(Old Mackinac Point Light House)、St Ignace(Bridge View Park)

20日(月)

ミシガン

Tahquamenon Falls State Park(Lower Falls, Upper Falls)、Pictured Rocks National Lakeshore(Sand Point、Miner's Castle Viewing Area)

21日(火)

ミシガン

Pictured Rocks National Lakeshore(クルーズ)

22日(水)

ウィスコンシン

Baraboo(Circus World Museum)、Wisconsin Dells、Madison(University of Wisconsin at Madison)

23日(木)

ウィスコンシン

Madison(University of Wisconsin at Madison)、Milwaukee、Pleasant Prairie(Jelly&Belly Factory)

24日(金)

イリノイ

Chicago(John G. Shedd Aquarium、China Town、University of Chicago)

25日(土)

インディアナ、オハイオ

South Bend(Univesity of Notre Dame)、Columbus(Chinese Market)

 

2012年08月18日(土曜日)

今年も夏がやってきた。今年は去年と違い、5月に産まれたばっかりで生後2ヶ月のパンパンがいる。でも、それがなんだ!オッシーたちは旅に出たいのである。今年も1週間まるまる休みをもらって、夏休みの旅に出かけることに決めた。去年はオハイオから北東方向に行ったので、去年とは少し違う北西方向のミシガン湖を一周することに。途中、スペリオル湖まで足を伸ばして、クルーズも楽しむことに。生後2ヶ月のパンパンがどうなることやら。

今回使う車も、ジャイ子のCR-V(2.4L V4 4WD)に決めた。燃費はあまりよろしくないが、ピンピンとパンパンのオムツを車内で換えることを考えたり、それ以上に今回の旅では荷物がかなり多いので、オッシーのアコードでは入りきらない。そのため、SUVクラスの比較的荷物が沢山入る車が必須だ(泣き)!今年もガソリン代が高いが、まだ4ドルには達していないので、よしとしよう!ぶっちゃけシカゴは4ドル40セントくらいで、恐ろしくて給油できなくて、燃料ランプが点滅するハプニングがあったが、なんとか乗り切れた!

朝2時30分に家を出た。今回もいつもと同様、ピンピンを寝せたまま移動するためだ。パンパンは赤ちゃんすぎて、まだ夜は長い時間寝ないが、子供たちが寝てる間にどれだけ移動できるかにかかっている。なんせ初日はできるだけデイトンエリアから離れることを目的にしているため、移動日となり、600マイル以上はドライブする予定なので。また、手ごろな値段の宿がなかったため、ちょっと離れたところに宿を取っているので、そこまでたどり着かないとやばい!

 

車は675→70→75→30→69でミシガン州まで順調に3時間ほど走ってきたが、ここでパンパンが泣き出した。ピンピンはなぜか、昨夜全く寝れなかったようで、爆睡。旅の前はそわそわして寝れないタイプかも!

ガソリンスタンドで、オムツ換えを済ませて、ジャイ子が授乳をして、ガソリンを入れて再出発。と思ったら、日が出始めて、あたりは濃い霧に覆われてきた。なんて幻想的なんだ。

車はまたまた走るが、霧が濃くなってきた。一寸先も見えないほどでもないが、前の車がかすんでくるほど。そういえば、去年の夏休みも同じように霧が発生したな。東海岸の夏の早朝は霧が発生しやすいのか。。。アリゾナではそんなことはなかったな。

それでも、順調に、69→94→131→と、車は走った。

 

そうしているうちに、車はミシガン湖沿いのGrand Havenという町に到着。ピンピンも起きはじめた。今回の旅の一つ目の観光スポットである灯台を見に行くことに。

車はState Parkに入っていくが、パーキングに10ドルかかるため、灯台を見るだけなら、路駐した方がいいと係りの人に勧められて、路駐することに。場所はそんなに遠くなかった。ピンピンのお着替えと朝ごはんを済ませて、歩いて灯台へ向かった。そのState Parkにはキャンピングできる施設があり、その中を通り抜けていった。

灯台はこのように、ミシガン湖に突き出ていて、沢山の人が散歩やランニング、魚釣りを楽しんでいた。水は見た感じそんなにきれい感じでもなかったが、それはおそらくこのあたりが砂場で、波が結構立っていたためかと思われる。

ピンピンは風が気持ちが良かったのか、なぜか一人で湖を見てたたずんでいて、帰ろうとしなかった。たそがれる系かもしれん!予定外にここで2時間くらい過ごしてしまった。

 

それから車は北へ走り、Sleeping Bear Dunes National Lakeshoreへ。ここでは、大きな砂丘があるらしい。砂丘といえば、前にミシガン湖南部のIndiana Dunes National Lakeshoreに行ったが、それくらいだろうかなと考えていた。

まずビジターセンターによって、マグネットをゲット。今回の旅でもマグネットを集める予定だが、冷蔵庫の貼り場所がもうあんまりなくなってきた。整理しないと。

おいらはPierce Stocking Scenic Driveというところに行ったが、ここに入るのに10ドル取られる。10ドル払う価値があるのか半信半疑だった。

一つ目のパーキングスポットに到着。オッシーたちは「え?これだけ?」ってちょっとがっかりした。砂丘じゃないじゃないか!ゴルフコースにあるバンカーの少し大きいバージョンでないか!これだけ?これだと10ドル払う価値がないなと思いながら、また期待をしつつ、次のパーキングスポットに。

ここのパーキングスポットはかなり大きくて、車もかなり止まっていた。これは期待できると思いつつ、車を止めて、歩いてみんなの行く方に。

ここはすごい!湖が一望できて、しかも大きな砂丘がある。

ずっと下まで下りれるぞ!ジャイ子が周りの人が話していたのを盗み聞きした情報によると、大人が下に下りてまた上ってくるには1時間くらいかかるらしい。なぜそんなにかかるのかというと、砂がさらさら過ぎて、足を取られて、上っても上っても上までたどり着かないためだ。でも結構な数の人が下りていた。

オッシーも下りたいと思ったが、もう一人、下りたいと思ったやつがいた。なんとピンピンが下まで下りたいと。無理だろ!どうせ、途中であきらめて、抱っこして上ってこないといけないのが目に見えていたので、あきらめさせることに。

代わりにと言っては何だが、比較的楽な砂丘を上ることに。この砂丘はさっきのとは違い、上ってから下りてくるパターンなので、これなら大丈夫だろうと。グランドキャニオンでも経験したが、下りて上ってくるのは地獄だからな。

いつもハイキングとかに行く時には、「抱っこなしやからね!」って言い聞かせてるので、今回も言い聞かせて上った。ピンピンも手はつなぐが、抱っこなしで上まで上った。

しかも帰りは砂丘を猛ダッシュして下りていった。ピンピンは案の定、3回くらいコケてたが、かなり楽しんでた。昔、別の砂丘に行った時なんか、砂丘を猛ダッシュで下るなんて、考えられなかったが、よくここまで成長したものだ。特訓のおかげかな?!まーおかげで靴の中どころか、靴下の中まで砂だらけ。

それからいい時間になったので、戻ることに。本当はミシガン湖に沈む夕日を見たかったが、晩御飯も食べてなかったし、宿まではここからまだ1時間以上はあるので、日が暮れるまでに宿に着けるように、先を急いだ。

が、途中でミシガン湖の穏やかな砂浜を発見して、そこで一息ついてゆっくりしてしまった。実はこれが後で痛い目にあうことに!

 

それから車はTraverse Cityに向けて出発して、約30分後に到着して、Chinese Buffetを探したが、地図に載ってるところがない!ってことで、その反対側にあった店に入り、ディナータイム!もう夜8時を回っていた。

晩御飯を済ませて、ホテルに向かう。本当はTraverse Cityで取りたかったが、土曜日ということで、どこもいっぱいで高いところしかあいてなかったため、少し離れたところの宿を取った。それが裏目に出たのだが、日が暮れてしまって、あたりは真っ暗で、場所がわからない。しかも、その宿は山の中にあり、余計に見つけづらかった!

やっとのことでホテルに着いたが、チェックインカウンターが見つからない。プールにいたおっさんに聞いたところ、別の建物にあるらしいとのことで、そこに移動したが、またまたチェックインはそこではなく別のところにあり、夜が遅いから、人がいなく、ボックスの中に名前の書いた封筒があるから、その中に鍵が入っていると教えられたが、あたりは真っ暗で、その箱がどこにあるのかもわからず、しばらくしてようやくその箱を探し当てて、ホテルにまた戻った。この時点で夜11時を回っていた。

それから、車の荷物を部屋に運び込んで、ピンピンとパンパンを風呂に入れて、爆睡した!やれやれ。

初日はなんと650マイル(1040km)も移動した。疲れた。。。

だが、夜中にピンピンが起きだして、オッシーとピンピンは外に星を見に行った。さすがに町の明かりが少ないため、星が沢山見えた!すげ〜!今回の旅では三脚も持ってきているので、どこかで星空撮影を強行しようと決めた!

 

 

2012年08月19日(日曜日)

朝起きて、あたりを見渡すと、周りはゴルフコースだった。部屋は結構きれいで、よかった。ジャイ子は朝起きて、部屋の前の椅子でコーヒーを飲んでのんびりしていたらしい。まー子供が出来るとにぎやか過ぎて、のんびりも出来ないからね。

ホテルの朝食は出ないので、来る前にSam's Clubで買っていたクロワッサンを食べて、チェックアウトぎりぎりの10時にホテルを後にした。朝はゆっくりだ。

 

それから、今回の旅の第一目的でもあるTorch Lakeに向けて出発。なんとNational Geographicが言うには、この湖は世界で3番目にきれいな湖らしい。何がどうすごいかというと、Sandbarという、遠浅の砂地が有名らしい。残念ながら、そこにはボートでしかいけないらしく、オッシーたちは行くことができなかった。しかも、湖はほとんどがPrivate Beachで一般の人はビーチにすら立ち入れない。

 

探しに探しまくって、長さは50メートルもないが、ようやく一般に公開されているビーチを発見して、そこで車を止めて、見物。底が見えまくりだが、実は足がつかないくらい深いらしい。横で泳いでいた連中を見ての推測だが。

少しそこでのんびりしていると、親子が来て、エンジン付きのボートをここから下ろしていた。オッシーたちもボートが欲しいなと思ったこのごろである。アメリカでは、ボートは比較的自由に湖に下ろして、楽しんでも問題ないことが多い。ボート自体はそんなに高いものでもないが、置き場所がないので、あれだが、こういう楽しみもありだな!

ところで、最近ジャイ子はキャンピングしてもいいと言い出してきた。オッシーはしたい派というか、いずれするだろう派なのだが、ジャイ子が言い出したことに驚いた!キャンピングが本当にどんなのかわかっているのかな〜!基本的に、自炊はもちろんだが、エアコンもシャワーもないんだぞ!夏は熱帯夜の中、寝ないといけないこともあるし、シャワーにも浴びれない。アメリカではキャンピングカーも多いので、そういう施設のあるところなら、電気も水道もキャンピングカーにつなげれるので、それならまだマシかもしれんが、キャンピングカーはお高いので、それはまた考えよう!

 

そして、Torch Lakeを後にして、今回の旅の目的でもあるフレッシュチェリーを探したが、全くなかった。ミシガン北部はチェリーの産地で、毎年7月くらいに取れるらしいが、オッシーたちが行ったのが、8月下旬でまったく残ってなかった。しかも、今年は不作で、毎年一ヶ月くらい楽しめるが、今年は2週間くらいしかなかったらしい。しぶしぶドライチェリーを購入。しかも、チョコレートで覆われてるし。。。

 

それからミシガン湖沿いを北上。

実はTorch Lake沿いの別荘がいくらするか、気になって、売り家をのぞいて、チラシを見たところ、750,000ドル(6000万円くらい)で売り出されていた。もちろんプライベートビーチ付き!手が出ない価格ではないな!

半島が浮いてる?!蜃気楼みたいになってる。

ミシガン湖はかなりきれいだ!実はオハイオにも湖はあるのだが、茶色く濁ってるくせに、泳ぐ人もいる。考えられん!しかも、オハイオの水道水はカルシウムが多くて、消毒くさいのに、ミシガンのホテルとか、レストランの水道水は全く無味無臭で、水に敏感なジャイ子でも、ためらうことなくがぶがぶ飲んでいた!ミシガン素敵!オハイオ最悪!

 

それから車はさらに北上し、Mackinaw Cityを目指す。写真はその途中で撮った雲だが、なんだか変な感じだ。ふわふわの雲が浮いている。

 

Mackinaw Cityに到着。ここの港からはMackinac Islandへの高速船が出ている。同僚のインド人のS君にこの島に行くことを勧められたが、島内はすべて徒歩かレンタル自転車での移動なので、子連れはきついなってことで、今回は行かないことにした。

ちょっと灯台を見てから、ここを後にして、橋を渡って対岸のSt Ignaceに行った。今日の宿はそこで取っている。

 

ホテルにチェックインしてから、あたりを散策していると、なんと展望台みたいなのを発見して、しかも入場料が一人1ドルなので、上ることに。上る手前になぜか写真のような巨大な置物が置いてあったが、なぜに?

上まではすべて階段で、結構、急だったが、ピンピンは自分で上りきった。こいつ只者ではない!パンパンはオッシーがカーシートごと運んだ。上からの眺めはかなり良かった。ジャイ子は高所恐怖症で、あまりはしゃいでなかったが、結構楽しめた。

上り終わると、受付で上ったという記念のステッカーをくれるが、ピンピンの遊び道具に。しかも、石がいっぱい売っていて、ピンピンにサイコロぐらいの大きさの磁石の石を袋につめれるだけつめて、買ってあげた。後で知ったが、結構どこでも売ってる。

 

それからMackinac Bridgeを一望できる公園に行った。実はこの橋の右側はミシガン湖、左側はヒューロン湖になっていて、ちょうど両方の湖がここでつながっている。水の流れる方向としては、右から左に流れている。

公園は整備されていて、ピンピンは大はしゃぎで走り回っていた。

 

それから、なにやら怪しげな看板を発見して、その看板のとおりにいくと、Mystery Spotを発見。何だこれは?めちゃめちゃ気になったが、もう終わっているらしくて、明日の朝にでも来ようと思ったが、時間がなかったので、やめた。こんなところにMystery Spotがあるとは?!

 

またまた夜景を見にこの公園に来てしまった。ライトアップされていて、かなりきれいだ。ここでも、ピンピンはまた大暴れ。

実はもうひとつ別の夜景スポットに行った。ここは橋を真横から眺められるところだが、ピンピンは疲れたのか、寝てしまった。

 

夜寝てから、オッシーは夜中3時に起きて、ホテルのプライベートビーチで星空観察。結構雲がかかっていたが、きれいな星を見ることができた。実はオッシーたちはかなり北に来ていて、ここは北緯45.8度を超える。日本で言うと、北海道の稚内くらいらしい。冬はかなり寒いだろう!

 

2012年08月20日(月曜日)

夜が明けた。なんとホテルはヒューロン湖が見渡せる部屋で、朝日を見ることができた。最高に気持ちがいいな〜!この景色で1泊100ドルは安い!また来たいな〜!なお、対岸に見えるのがS君お勧めのMackinac Islandだ。

 

ピンピンが起きないため、オッシーが先にホテルの朝ごはんを食べて、出発の準備が出来てから、オッシーたちは車で待って、ジャイ子が朝食を食べに行った。ここだけの話、ジャイ子はまだ授乳中なので、ご飯はしっかり食べてもらわないと、乳が出ないってことで、ちゃんと食べてください。

待ってる間に、St Ignaceの市内にあるインディアンの住居を見学。

 

ホテルはこんな感じで、全部屋Lake View Roomです!

それから車は北上して、スペリオル湖沿いにあるTahquamenon Falls State Parkを目指す。

 

入園料を払って、園内に。なんと、ミシガン州の住民はタダらしいが、オッシーたちはオハイオなので、8ドル払わされた。なに〜!わざわざ遠くから来てるのに、ただにしやがれ!

滝と言っても落差はそんなにない!これはLower Fallだ。

これはUpper Fallsだ。こっちのほうがまだ迫力があるな。

 

それから車は西に向けて走って、Munishingという町を目指す。実はここの港からはPictured Rocks National Lakeshoreへのクルーズが出ていて、今日の最終に載る予定だったが、なんとオッシーがなぜかおなかの調子が悪くなって、明日にすることに。ジャイ子はSunset Cruiseに行きたい!って駄々をこねていたが、いけないものはいけないもんね。クルーズは3時間もあるし、乗ったら途中下船は出来ないし!

 

その代わりに車でちょっと見学することに。まず、Sand Pointってところに行った。ビーチが広がっていた。実はこのあたりは岩場でビーチはあんまりないらしい。

それからサンセットの時間が迫っていたので、急いで夕日を見れるところに急いだが、案内表示が悪いせいか、道を間違ってしまった。ここでの間違いは命取りだ!

って言いながら、何とかサンセットには間に合った。

この崖、すごいし、水が透き通っていて、かなりきれい!

サンセットクルーズに乗るとおそらくあの船から見ることになったのだろう。赤く染まった崖を見にながのクルーズも行きたかったな!でも、まーそれはまた今度来よう!ってことで、ここに来る楽しみを残しておいた!

日が沈んだので、Super 8というモーテルに戻って、明日のクルーズに備えて、寝る!

 

2012年08月21日(火曜日)

やって来ました!朝ごはんをモーテルでとって、10時発のクルーズで出発!去年の夏はヒューロン湖のクルーズで圧巻されたが、今年はスペリオル湖のクルーズでまたまた圧巻された!岩場がきれい!

ここの名物の縦の模様がかなりきれい!これをカヤックに乗って間近で見たいな〜!もうちょっとピンピンとパンパンが大きくなってからだな。

この縞模様はもっとすごい!カラフルだ!おそらくこれは岩に含まれる鉄分などの成分が、雨や雪で流れてこうなったのであろうと推測できる!

水もきれい!しかも、こんなに近くまで船は近づきます。

狭い狭い!船の運転手いわく、昔ハイカーを船から降ろすために再接近した時に、船を岩場にぶつけてしまったそうだ!

崖が崩れてる。実は数週間前に崩れたそうだ。夏にはこのようにがけ崩れが多いそうだ。

3時間のクルーズを終えて、港に戻ってきた。ピンピンは大はしゃぎだったが、途中から飽きてきたのか、船の上でお菓子を買って食べさせてた。パンパンは前半はおとなしかったが、後半は泣き出して、あやすので大変だった。子連れは大変だ。早く大きくなってくれないかな!もっと旅の可能性が広がるんだが。

 

予定外にクルーズを先延ばししたため、今日は結構南下しないといけない。ウィスコンシンのBarabooという町まで300マイル(480km)の移動だ。時間はもう昼の1時を過ぎてる。幸い、みんな寝てくれてて、途中でマクドのドライブスルーで腹ごしらえして夕方には到着した。

途中、ウィスコンシンに入ってすぐのところに、北緯45度の標識があった。

 

BarabooではCircus World Museumというアトラクションがあり、ここでゾウに乗れるという情報を得ていたため、ここによることにした。田舎町だ。結構疲れていたこともあり、適当にモーテルを探したが、最悪なモーテルだった。同僚のS君には悪いが、インド人の経営しているモーテルにはもう絶対に泊まらないだろう!ちょっと感覚が違うっぽい感じがする。ジャイ子もぶちきれてた。

 

ぶっちゃけ、ハエをハエ叩きでたたくのはいいが、その後の処理をしろよ!って言いたい!壁にハエが死んだままじゃないか!しかも、天井と壁にあわせて3匹。ありえん!また、ジャイ子がもうひとつ切れてたのは、トイレの便座が汚かったらしい。それは許せん!しかも、部屋が妙にかび臭い!つんとする臭い!寒い地域では、靴に雪がついたまま入ってくることが考えられるため、わからなくないんだが、不満だらけ!翌朝のチップは想像のとおり、0ドルでモーテルを後にしました。

 

2012年08月22日(水曜日)

待ちに待ったサーカスの時間が来ました。実はピンピンが「ゾウに乗りたいよ!」って言ってたので、探しに探してここに来た!

入場料を払って、園内に入場です。場所を変えて時間ごとにサーカスを行うらしく、最初のは人が鏡の中から出てきたりするショーで、はっきり言ってピンピンはぜんぜんわかってなかった。まだちょっと早かったかな?!この手は5〜6歳以上にならないと厳しいのかな?!

次のは動物とかが出てくるショーで、ピンピンも結構楽しめてたっぽい。実は家の近くにもこれと同じ系列のサーカスが来た時たことがあり、その時も見に行ったのだが、肝心なゾウのところで、ピンピンが寝たので、今回はをちゃんとみれたようで、満足していたかな?!しかも、前よりも登場するゾウの数は少なかったけど、こんなに間近で見れて、かなり大はしゃぎしていた。

念願のゾウにも乗ったが、やっぱり子供だ。ゾウに乗れるのは12〜13時の間のみで、10時前からここにいたので、少し疲れて眠たくなっていたみたいで、興奮することなく、素の表情で乗っていた。いずれにしても、ゾウに乗れるところなんてそうそうにないので、いい記念になった!しかも、ピンピンは一番前に乗れたので、それも良かっただろう!

 

それからBarabooの観光名所のDevil's Lake State Parkに行ったが、山を登らないとだめなので、ちょっと見てからBarabooを後にした。

正直、ピンピンが寝てなかったら、上ったかも知れないが、寝てたので、ここはまた今度来た時に上ろう!

 

車は少し北に向けて走り、Wisconsin Dellsという町に到着。なんだかよくわからないのだが、この町はかなり面白そうで、一度行ってみたかった。車の中から見物しただけだが、この写真のようにお化け屋敷があったり、遊園地があったり、プールがあったり、水陸両用車に乗れたりと、いろいろ楽しいアトラクションがいっぱいあった。

また、この写真のように、ホワイトハウスが真っ逆さまになっている建物なんかもあった。入場料を払わないとだめだが、中がどんなんか、かなり気になる。

ローマの有名な建物もあった。これはホテルみたい。ホテルとか、モーテルとかもすごい沢山集積していて、ラスベガスほどではないが、またそことは違った雰囲気が楽しめそう。この旅ではここでそんなに時間を過ごすことを想定していなかったため、そのまま通過したが、ここで数日滞在して楽しめそうだ!

 

それから車は南下して、マディソンに到着!マディソンは、大学があり、かなりきれいで安全な町と聞いていたが、工事中のためか、街中は大渋滞で、結構ゴミゴミしている印象を受けた。

この都市からオッシーたちの大学巡りがスタートで、University of Wisconsin at Madisonを車の中から少し見学したが、かなり近代的な建物で、ダウンタウン近くにキャンパスがあるためか、結構ごみごみしていた。

 

宿探しにちょっとてこずったが、オッシーたちにとってリーズナブルなモーテルであるSuper 8を探しだした!この旅で2回目のSuper 8だが、昔の印象と違って、かなりレベルが上がっているようだ。昔は格安の簡素なモーテルって印象を持っていたが、今は値段はそこそこ安くて、ホテル並みの充実という印象に変わった。たとえば、朝食とか、室内の設備とか、ベットとか。これからもSuper 8に泊まるだろう!

 

P.S.ここだけの話、アンケートに答えて欲しいというメールが来て、答えたら、この宿のジェネラルマネージャーからダイレクトに感謝のメールが来て、もし何か不都合があったら、私にダイレクトにメールか電話をくれと言われて、対応もかなりよく、びっくりした!ホテル並みのブランドに変わったのかもしれん!

それから、晩御飯を食べに、うろうろしていると、Japanese Restaurantという名前の古びた建物のレストランを発見して、ここなら安い定食が出そうだろうと、勝手に想像して中に入ると、なんと中はめちゃめちゃきれいで、おしゃれで、カップルたちがデートしそうなところで、ちょっと家族連れは場違い感があったが、入ってしまったため、ここでディナーを取る事に。オッシーとジャイ子はデラックス刺身定食を注文。ピンピンは天ぷらうどんにした。刺身はめちゃめちゃフレッシュで、めちゃめちゃおいしかった。何で、オハイオでこの味がだせんのかな!って思うほど、オハイオと違って大満足!まーうどんは微妙やったけど。

それから、大学の本屋を探していると、モールの一角に入っていることを突き止めて、そこでグッズを買ってから、Targetでピンピンの大好物のブドウを買って、モーテルに戻って寝た。

 

2012年08月23日(木曜日)

朝はまたまた大学を今度は歩いて見学して、大学内のブックストアへ。どんだけ、グッズを買う気か!オッシーはTシャツを購入。

大学は次の週から新学期が始まるためか、引越ししている人が沢山いて、引越しのトラックがあちらこちらに止まっていた。ここは結構レベルの高い大学なので、州外からも沢山大学に引っ越してくるんだろうな!

 

それから、車は東に向けて出発し、ミルウィーキーに到着。ミルウォーキーはビールで有名かな!ここはミシガン湖沿いに面した結構大きな都市だ。ぶっちゃけ、都市部は特に見る予定はなかったし、ジャイ子もピンピンもパンパンも爆睡だったので、ちょこっとだけ見てから、即南下した。

写真はのWater Towerってやつらしい。ちょっとした丘の上に建っていた。

後でジャイ子にミルウォーキーもう通り過ぎたよ!って言ったら、起こしてよって怒りよった。実はその前にあと10分くらいで着くよ!って言ったし、ついても起こしたけど、起きなくて寝てたのはそっちだろう!ってオッシーもブチ切れ!そんなこと言われても、困りますよ!正直!

 

南下して、Jelly Bellyの工場見学。オッシーとジャイ子、別の場所(カリフォルニア)のJelly Bellyの工場見学をしたことがあって、それと同じかなと思っていたが、全く別だった。ここは倉庫なだけで、作っている工場ではなかった。なんだ、ファクトリーツアーじゃめーじゃねーか!と、がっくりしたが、サンプルをもらって、後にした。

 

それから車はシカゴ方面に。シカゴ方面は有料道路があったが、今回は赤ちゃんがいて、渋滞に巻き込まれるときついので、有料道路を使ってミツワに行った。早速、待ちに待ったラーメンを食べる!細麺のとんこつがあると期待していたが、味噌ラーメンしかなかったので、それをチャーシュー&麺大盛で注文。どうせピンピンと一緒に食べるのでと思ったが、ピンピンはチャーシューは食べずに麺ばっかり食べよった。しかも、ねぎは食べない!

それから、ジャイ子はミツワの中にある本屋で雑誌を買っていたが、買うときにレジのおばちゃんに「アメリカンエキスプレス使えますか?」って聞いたらしいねんけど、帰ってきた返答が、「そんなのどこでもつかえませんよ!」って。「そんなことは聞いてない!この本屋で使えるか聞いただけなのに!」って切れてた。ぶっちゃけシカゴエリアではアメックスはほとんど使えなかったが、”どこでも使えない”という表現は間違いである。事実、西海岸ではほとんど使えるのである。このレジのおばちゃんは木を見て森を見なかったパターンである。

 

それから、ホテルに到着。ここは前も泊まったホテルで印象が良かったのだが、今回は他の客が何度も夜中に出入りしたりして、うるさかった。しかも黒人。全員ではないが、なんで黒人さんはこんなに騒がしいのかね!?そういう文化といえば仕方がないが。

 

2012年08月24日(金曜日)

朝早く、ホテルの朝食も食べずにシカゴ市内に向けて出発!なぜ早くでるかというと、ビルが見渡せるところのパーキングが朝早く行かないといっぱいになると思っていたが、それは週末の話で、平日はがらがらだった。

平日にもかかわらず大きな渋滞に遭うことなく、シカゴ市内に到着。でも、なぜか反対側が渋滞していたりで、いまいちよくわかっていない。

 

ここに来たかった。シカゴのビル郡が見渡せる。今日も朝スタバでコーヒーを買ってここに来た。実はここにはプラネタリウムや博物館、水族館が集まっていて、今回は前々から行きたかった水族館に行くことに。

 

ピンピンもドルフィンが見たい!って言ってたし、イルカも見ることに。またクジラがゆうゆうと泳いでいるのを見て、ピンピンはずっとたたずんでいた!

また、PNC銀行のキャンペーンか何かで、無料で子供の写真を撮ってくれるところがあって、コスチュームを選ぶ時に、ピンピンは医者を選んで、白衣を着て、写真を撮ってもらった。その人たちいわく、「この子は絶対医者になるね!」だって。頑張ってなってくれ!

 

それからチャイナタウンに行って、タピオカミルクティーを飲んだが暑いの何のってばて気味で、あんまり散策することなく後にした。残暑が厳しい!

 

それから、オッシーが前から行ってみたかった、U of Chicagoに行った!ここは物理学でもかなり有名な大学で、ノーベル賞受賞者を87名輩出しているらしい。近年では、2008年にシカゴ大学名誉教授の南部陽一郎さんがノーベル物理学賞を受賞した。実際はビジネスなどの方が強いらしい。

ここでもオッシーたちはグッズを買いあさった。

 

それからシカゴを離れて、インディアナ州に入った。シカゴはイリノイ州だが、すぐ行くともうインディアナだ。今日はもう日がくれてきたので、ちょっと走ったPlymouthという都市で、宿を取る事に。今回もSuper 8に泊まることに。

 

晩御飯は中華の食べ放題。この旅で食べ放題に何回行ったかわからないが、子連れのときは助かります。早いし安いしうまいの三拍子そろってるので。

夕日がきれいだ。オハイオもそうだが、このあたりは山がないので、夕日が地平線に沈むのを楽しむことが出来る。

 

2012年08月25日(土曜日)

それからモーテルを後にして、ここからちょっと北にあるSouth Bendで、今回の旅最後の大学であるUniversity of Notre Dameを目指す。

実はこの大学のある都市を間違えていて、危うく通り過ぎるところだった。Fort Wayneにあると思っていたが、実際はそこから車で2時間くらい離れたSouth Bendってところで、通り過ぎたらジャイ子に怒られるところだった。

 

University of Notre Dameを見学。この大学もシカゴ大学と同じく、私立で結構スポーツ&学術ともに有名で、実はオッシーの大学の量子力学の先生がこの大学出身で、ちょっと来てみたかった。

 

それから、やっとのことでオハイオに戻ってきた!今回の旅でオハイオの何がいいのかわからなくなってきた。なんにもいいところがないぞ!オハイオは消費税が安いと思っていたが、ウィスコンシンの5.5%と比べれば、6.5%は少し高く思えてきた!まー他の州と比べて相対的に安いほうではあるのだが。

 

子連れにしては結構充実した旅になったと思う!やり残したことも沢山あるので、またの機会にでも訪れることにしよう!めでたしめでたし!

 

 

総走行距離約2270マイル(3632km)

 

宿の情報

宿泊した日

宿泊先の情報

8月18日(土曜日)

Traverse City近郊の宿Regent Cottage Inn($94)

8月19日(日曜日)

St IgnaceのConfort Inn($99.77)

8月20日(月曜日)

Munising近郊のSuper 8($100.67)

8月21日(火曜日)

BarabooのSpinning Wheel Motel($64)

8月22日(水曜日)

Madison近郊のSuper 8($90)

8月23日(木曜日)

Chicago近郊のFairBridge Hotel at the Executive Plaza($69.39)

8月24日(金曜日)

PlymouthのSuper 8($72)

 

旅の費用

今回の旅、思ったよりも、ガソリン代がかからなかった。でも、平均で1Gallonあたり3ドル90セントくらいやった。トータルでも1800ドルくらいで済んだので、まーよしとしよう。

ガソリン代(9回給油)

約360ドル

Grand Haven State Park

無料(路上駐車した場合)

Sleeping Bear Dune National Lakeshore

車一台$10

Tahquamenon Falls State Park

車一台$8(ミシガン州以外のプレートナンバーの場合)

Cruise at the Pictured Rocks National Lakeshore

大人一人$35

Circus World Museum

大人一人$14.95

ゾウに乗る代

大人子供関係なく一人7ドル

Jelly&Belly Factory Tour

無料

John G. Shedd Aquarium

大人一人$34.95

 





前画面に戻るホームに戻る

注意&お願い

このホームページは日本国内法及び、国際法によって保護されています。個人で楽しむ以外にこのホームページの内容や画像等を利用することは著作権、及び肖像権の侵害にあたります。このホームページに掲載されている情報はすべてが正しいとは限りませんのでご注意ください。リンクはフリーですが、できればメールでお知らせください。相互リンクも募集中。

このホームページに関するお問い合わせはこちらまでお寄せください。

Copyright© 2000-2011. nobuyuki777.com All Rights Reserved.