サイト内検索: ホーム     |     アメリカ国立公園     |     アメリカ写真特集     |     高画質写真館    |     リンク集   
Powered by Web Hosting Pad 
ホーム

旅行情報
海外旅日記
国内旅日記


旅行計画


アメリカ・カナダ写真
(pipipiga版)
ヨーロッパ写真
アジア写真
国内写真


紅葉, , 花火, 飛行機

アメリカ映像

壁紙

カメラ

プライベート
リンク集


オッシーの日記
オッシーのブログ
ジャイ子の日記


管理人ページ




Web Hosting Pad

アメリカ本土最南端への冬休み旅行

第38話:2012年12月15日〜24日(9泊10日)

登場人物

オッシー & ジャイ子 & ピンピン(3歳2ヶ月) & パンパン(0歳6ヶ月)

写真合計86枚ロードするのに時間がかかるかもしれませんが、辛抱強くお待ちください。

行程マップは上のデイトンから南にスタートです!

クイック予定表
日記が長いため、日にちごとにブックマークをつけましたので、その日にジャンプすることができます。
もちろん、順番通りに読んでいただいてもかまいません。

日にち

州名(括弧は通過)

訪問都市名・観光地

15日(土)

(オハイオ・ケンタッキー・テネシー)・ジョージア

Stone Mountain Park、Atlanta

16日(日)

フロリダ

Homosassa Springs Wildlife State Park

17日(月)

フロリダ

Tampa Bay、Sunshine Skyway Bridge、Tampa Electric Manatee Viewing Center、Everglades National Park North、Big Cypress National Preserve

18日(火)

フロリダ

Gator Park Airboat Tours、Miami、Overseas highway、Seven Mile Bridge、Key West

19日(水)

フロリダ

Dry Tortugas National Park(Seaplane)、Southernmost Point、US 1 road 0 mile Point

20日(木)

フロリダ

Biscayne National Park

21日(金)

フロリダ

Kennedy Space Center、Gator Park

22日(土)

フロリダ

Titanic: The Experience、Sea World

23日(日)

フロリダ・(ジョージア)・サウスキャロライナ

Sea World

24日(月)

(サウスキャロライナ・ノースキャロライナ・テネシー・ケンタッキー・オハイオ)

なし

 

2012年12月15日(土曜日)

去年の冬休みは、ジャイ子が妊娠中で、オッシーとピンピンだけ2泊3日のドライブの旅に出かけたが、今年はジャイ子とパンパンの一家4人で旅行に出かけようと計画した。はじめジャイ子はテキサスに行きたいと言ったが、テキサスに行くには往復で5000マイル(8000km)くらい移動することになるので、とてもじゃないが、車でテキサスに行くのは難しい。かといって、パンパンはまだ生後6ヶ月なので、飛行機で行くのも躊躇われる。そのため、車で行ける範囲に限定しようと計画したが、冬は北に行くとかなり寒いので、南に行くのがいいが、南と言えば、オッシーたちの未踏の地であるフロリダしかない!ってことで、フロリダの国立公園を目指して南下することに決めた。先ほども記載したようにパンパンはまだ生後6ヶ月なので、無理は出来ないが、今回も結構な強行スケジュールで、アメリカ本土最南端のKey Westを目指して、オッシーたちの旅は始まった。ぶっちゃけ、なぜかジャイ子は乗り気じゃなかったが、押し切った!今回はアメリカでもっとも行き難い国立公園であるDry Tortugas National Parkにも水陸両用飛行機で向かう計画を立てたが、ジャイ子は飛行機の気圧差を気にしたが、飛行高度はたったの150メートルということで、また年明けからジャイ子が大学に編入するので、当分は長期の旅行に行けないということで、大奮発してこれもまた押し切った。少々お高くついたが、これはよしとしよう!だが、なんと旅行1週間前にピンピンとパンパンがやらかしよった。二人そろって中耳炎!もうこれは絶対絶命の大ピンチ!どうなるこの旅!ってしているうちに、旅行当日を迎えた。

今回も、いつも同様、朝1時に起きて、朝2時に家を出た。ジャイ子は徹夜で荷造り、オッシーは運転に備えて、前日の夜8時から就寝。だが、あまりよく寝れなかった。

今回使う車も、ジャイ子のCR-V(2.4L V4 4WD)だが、最近燃料が下がり始めたので、4WDでも大丈夫だろう!しかも、フロリダは暑いので、燃費は多少良くなる(同僚のS君談だが、実際、寒いより暖かいほうが燃費がいい)だろう!幸い、旅行中はずっと3ドル台前半と、低いままだった(一部では2ドル台に突入したときもあった)。

車は順調に、オハイオからケンタッキー、テネシーを抜けて、ジョージア州に入り、アトランタ近郊まで来た。みんな爆睡だ!後もうちょっとのところでパンパンが起きだしたが、ミルクをあげて、再出発!

 

順調に予定通り、約9時間後にAtlanta東部にあるStone Mountain Parkに着いた。ここは名前のとおり、山が大きな一枚岩で構成されているそうだ。標高は513mで、周囲からの高さは251m。実はオッシーとピンピンは1年前に来たが、その時はケーブルカーで登ったので、今回は自力で登ることに。

ピンピンはもう3歳だが、他にも生後6ヶ月のパンパンがいるが、さてどうやって登ろう!ってことで、オッシーが抱っこ紐で抱っこすることに。登るのは約1マイル(1.6km)で、高低差は250mばかりだが、意外ときつい。ピンピンが生後6ヶ月にして8kg以上あるので、それが重くのしかかるのと、最近山と言う山に登ってないせいもあるだろう(オハイオに山はありません)。また、長時間の運転後にごれはきつかった。

やっとのことで、頂上付近に到着。ピンピンも最初は「楽しい!」って言って登ってたが、途中から疲れてきて、登らない始末!でも、抱っこはしません!ジャイ子は最初の2分くらいでしんどいって言ったけど、なんとか登りきった。頂上からはAtlantaの町並みが遠くの方に見えた。

帰りも皆さん自力で駐車場まで下山。久々の山登りで、筋肉痛になると思いきや、全くならなかった。あら不思議!

 

それから車はAtlanta中心部を車でドライブして、フロリダ目指して南下したが、時刻は6時を過ぎて、あと2時間くらいはかかりそうなので、そのちょっと手前のジョージア州内で、宿を取ることに。フロリダ入りは明日に持ち越しだ!

実際、ここでの予定の狂いが、Key Westまでずっと引きずることに。。。具体的には予定していた場所すべてにいけなかったが、しょうがない!

夜は宿の近くにあったChick-fil-Aで、チキンバーガーを食べることに。相変わらずここでも、結構混んでいた。(家の近くのChick-fil-Aはいつ行っても長蛇の列!人気すごし!)

 

 

2012年12月16日(日曜日)

朝は深い霧に包まれていた。夏もそうだが、冬もこのあたりの朝方は結構霧が出ることが多い。そういえば先月、バージニアビーチに行った時も朝は霧だった。その後は晴れたが、なぜだろう?!ただ単に湿度が高くて、放射冷却で地表付近が急激に冷やされるためか?!

モーテルを後にし、フロリダを目指す。約1時間ほどで、フロリダだ〜!

ついにフロリダ入りを果たした!Sunshine Stateって言う割には、霧ってる!オッシーたちにとって初めての州。でも、泊まったところもそうだが、気温はかなり暖かい。20℃以上!オハイオは0℃くらいやったのがうそみたい。

今日はこれからマナティーを見にState Parkに。野生のマナティーを見ることが出来る。実は、本当はマナティーと一緒に泳げるツアーがあったが、子連れだとそれは難しいなと思って、外から見るだけにしとくわ!

 

マナティーを見に行くには、ボートに揺られて20分、このような澄んだ川を進む。途中、亀やら鳥やらが沢山いる。幸いワニはいなかったが。

パンパンはじっとしていられないのか、オッシーの腕の中で動きまくって、あやすのが大変だった。ピンピンは外を見てたりしてた。

ボートは船着場に到着して、Visitor Centerを通って、マナティーのいる川に出た。水は澄んでいて、きれいだったし、魚も沢山泳いでいた。ついにマナティー発見!本当は水中から観察することも可能だが、この日はマナティーは、ガラスからは少し距離のあるところに2頭が寄り添って寝ていたので、水中からは見えなかった。

でもなんか幻想的!

マナティーのすぐ横には、このように、魚がいっぱい泳いでいた。このあたりは、海水と真水が混ざり合っているようなので、海のお魚かもしれないが、とにかくたくさんの、しかも結構大きなお魚を見ることができた。

もう少し進んだところに比較的大きな入り江があって、そこには大量のマナティーがいた。マナティーと一緒に泳ぐツアーもあったためか、シュノーケリングして、一緒にマナティーと泳いでいる人たちもいた。やっぱり泳げばよかったなか?!まーそれは子供たちが泳げるようになってからやね。

他にもボートで近くまで見に来ている人が沢山いた。うらやましいな〜!ボートから間近で見たかったな〜!かなり贅沢だが、またの機会にしよう!あるかわからないが、、、いや、絶対来よう!

またまた少し行くと、今度はマナティーを保護か飼育しているところがあって、柵がしてあったが、間近で見ることが出来た。

マナティーは数分おきに水面に上がってきて、空気を吸って、吸った空気はこのようにおならとしてお尻から出すみたいで、真下でおならされて、めちゃめちゃ死にそうなほど臭かった。あっ、一緒に泳ぐのやめとこうかな?!

この写真は呼吸をしに鼻を出しているところを激写したところ。大きな体の割りにかなりかわいい顔をしている。

それから、このState Parkには、他にもカバやワニや鳥やおおかみなど、沢山の動物が飼育されていて、それらを見て回って、ボートに乗って、パーキングに。

 

パーキングのところにもVisitor Centerがあって、そこのビジターセンターでジャイ子がマナティーのぬいぐるみが欲しいと言ったが、ピンピンがそれよりも小さめのを欲しいといって、買わされる羽目に!最近あいつ、自分が欲しいものは勝手にレジに持っていくようになりよった。仕付けしないと。。。ばっちりマグネットもゲットしといた。

思ったよりも、時間を費やしてしまったので、この日はこれでモーテルに向かうことに。

夜はモーテルの近くの中華料理のビュッフェでディナー。フロリダに来て、カニを食べないといけないと言うことで、カニも食べまくるが、アメリカってカニを食べるツールがないので、歯でへし折って食べた。これも食べ放題の作戦かも!

 

2012年12月17日(月曜日)

朝はモーテルの朝食を食べて、荷物を車に詰め込んで、出発!このモーテルの近くには、ブッシュガーデンという遊園地があるためか、家族連れが多く、しかもリゾート型モーテルというのか、モーテルも結構でかい!

 

車は南下し、Tampa市中心を行く。平日と言うこともあり、ラッシュの時間で、渋滞に巻き込まれる。予想していたが、やっぱり都市部はどこもラッシュ時は渋滞だ。幸いオッシーの住んでいる都市は渋滞はほとんどないが。

Sunshine Skyway Bridgeを渡る。この橋は、長さが6.67kmあり、1987年に既存の橋が崩壊したために、架け替えられたようだ。それはさておき、Tampaは入り江になっていて、サンフランシスコに似たように思えた。サンフランほどごみごみしていなかったが。

 

橋を渡って、Tampaの方に少し逆戻りして、Manatee Viewing Centerへ。実はここでもマナティーを見れるということで、楽しみにしてきた。工場のすぐそばのきれいとは言いがたい水の中にかなりの数のマナティーがいたが、少し遠かったのと、昨日間近でマナティーを見たこともあって、迫力に欠けて、ほとんど見ずに後にした。

そこには沢山の観光客がいて、見えるか見えないかくらいの遠くの方で呼吸をしに水面に出てきたマナティーを見ては、一喜一憂していたが、昨日あれを見たら、これはどったことないな!って感じた。たぶん、最初にここに来ていれば、感動したのかもしれないが、つまらなかった。

ちょっと説明しておくと、マナティーは暖かい水を好むので、工場の暖かい排水の出るこのあたりに住み着いたそうだ。近年は温暖化のために、フロリダでもマイナスの温度になることがあり、ここを最善の住処にしているマナティーがいるそうだ。なんともかわいそうだ〜!

 

それから車は南下して、この旅一つ目の国立公園であるEverglades National Parkに到着。この国立公園、何がすごいのかと言うと、熱帯の動植物の数が半端ない。特に、鳥やワニの宝庫で、いたるところで見れる。

道路の脇は水路になっていて、というか、この国立公園自体、ほとんどが湿地で、その湿地の中に道路を作ったため、道路の周りは水路のようになっているが、その水路をワニや鳥が埋め尽くしている。

水路の中には、魚がいっぱいで、鳥が魚取りをしているのも観察できる。まさに自然の宝庫だ!

ボードウォークになっているが、そこにもヘビが上ってきたりして、観光客を楽しませてくれる。

最初、ジャイ子はおもちゃのヘビと思ってたらしく、動いてビビッてた!わからなくもないが、がぶっとかまれるぞ!

でもさすがに道路にワニが出てくると怖い。ここのワニはアリゲーターという種類でおとなしく、人を襲うことはめったにないが、道路で寝てるワニの近くに近寄ると、目を開けるので、やっぱり怖くて近くに近寄れない。

それから車はMiami近郊のモーテルに向けて走らせ、モーテルに到着。晩御飯は近くのDenny'sに。

 

2012年12月18日(火曜日)

朝起きて、モーテルの朝食を食べて、車に荷物を詰めて、モーテルを後にした。今日はEverglades National Park名物のAir Boatを乗りにまたまた国立公園の近くに行った。実は、国立公園内ではAir Boatの走行は禁止されているので、その外になるのだが、国立公園同様、大自然がいっぱいだ。

 

車を止めていると、すぐ横を孔雀が何羽も近寄ってくる。野生の孔雀を見たのははじめてかも?!めちゃめちゃきれい!

それからAir Boatに乗り込む。Air Boatはボートの後ろに大きなプロペラがあり、その力によって進む船で、かなりスピードがでるが、騒音がかなりうるさい。実際、うるさすぎるために、1歳未満はお勧めできないと言われたが、子供用の耳を騒音から守るヘッドフォンみたいなのをつければ大丈夫だろうとのことで、行くことに。オッシーたちは耳栓を渡された。

出発するや否や、いたるところでワニが出没。

さー、スピードを上げて、大湿地を猛スピードで滑るように走る。草の上とかも平気でそのまま走る。水しぶきがすごいかかって、オッシーとジャイ子を含め、外側の席はびしょびしょ!USJの乗り物に乗ってるみたい?しぶきがかからないように、カメラは隠す!

途中、ボートを止めて、ワニを観察。なんと赤ちゃんワニが何匹もいた。わかるだろうか?その後ろでは親ワニが静かにこっちを見ていた。怖い!しかも、その後、前のほうに出てきて、子供を守っていた。でも、子供はお構いなしにすいすい泳いでいた。

 

ボートは30分くらいで、それが終わると、ショーが始まる。

ぶっちゃけ、オッシーたちは騒がしい中国人本土からの団体客と一緒になってしまった。何で本土かわかったかというと、その団体客のツアコンがそう言っていたし、英語が理解できてなかったからだ。それ以外にも、ひっきりなしに団体客が来ていて、かなり手広く商売してるなって感じに思えた。オッシーたちが行った時は誰もいなかったわりに、スタッフの数が多くて、なんなに雇って大丈夫なの?!って半信半疑だったが、なぞが解けた!

ワニの口の中に手をいれるやねんて、こんなことは絶対にしてはいけませんよ!がぶっといかれたら、ひとたまりもありませんよ!

ワニの上にまたがるなんてことも、絶対してはいけませんよ。でも、ワニは目を隠すと、リラックスしておとなしくなるそうなので、皆さんお試しあれ!

子供のワニもいた。実はこのワニを持って、一緒に記念撮影ができるということで、やってきた。しかも、ピンピンは一人で「ベイビーアリゲーター プリーズ!」って係りのお兄ちゃんに言って、一人で持って記念撮影していた。ピンピンは成長したな〜!

 

それからMiami市内を車でドライブした。Miamiはかなり都会で、高層ビルやマンションが、連立してて、びっくりした。有名人の別荘とかもあるらしい。

オッシーは昼ごはんを食べたかったが、ピンピンとパンパンは寝たので、そのまま南下して、Key Westを目指すことに。

ちなみに、以下の店に行く予定でした。子連れは待ち時間なしのビュッフェに限る!
Fuji Japanese Buffet

 

地図を見てお分かりと思うが、Key Westへ通じる道は、Overseas Highwayと言われていて、42もの橋があり、海の上を行くが、思ったほど海の上を行っている感じはしなかった。陸続き感が強かった。でも、橋の上では両サイドが水平線で、やっぱり海の上を進んで行っているって実感しますよね!(どっちやねん!って話ですが。)

 

そういえば、ピンピンがイルカを見たいと言っていたので、途中にDolphin Research Centerというところに立ち寄った。ここでは、イルカの研究をしていると思っていたが、イルカと泳げたり、イルカに触れ合ったりすることができる。ジャイ子とピンピンもイルカに触れたいとのことで、申し込んで、記念写真を撮った。が、ピンピンは小さすぎたのか、手が届かず、ジャイ子もうまく触れなかった感が強かった。

この大きなイルカが目印!水は思ったよりもきれいじゃなくて、ちょっとがっかり。たぶん、このあたりは湿地が多く、プランクトンが豊富で、透明度はそれほど高くない。それはKey Westでも同じだった。

 

それから、車は有名なSeven Mile Bridgeを渡った。実はこの橋の横にはもうひとつ橋があって、これはかつて、Key West行きの列車が走っていたときもものだそうだが、ハリケーンで一部崩壊して、修復されずにそのままにしているようだ。

この橋は歩くことができて、崩壊しているところまで歩いてきた。結構長かったぞ〜!ってジャイ子が文句!でも、この夕暮れ時の青とオレンジのコントラストがとてもきれいで、癒される〜!

それから、車はKey Westに到着。ホテルにチェックインして、晩御飯にマクド(子連れはファーストフードに限る!)に行って、明日の国立公園への水陸両用飛行機に備えて早く就寝!

 

2012年12月19日(水曜日)

ホテルの朝食は7時からで、飛行機のチェックインが7時30分までに済ませないといけなかったため、朝食は昨日、マクドでTake outした、チキンナゲットなどを食べて、空港へ。いよいよこの旅二つ目の国立公園である、Dry Tortugas National Parkへ。10人乗りの飛行機で向かった。飛行時間は約40分で、Key Westから70マイル西に行った。

機内からは、ほぼ同時刻に出発した船を眼下に見ることができた。実は船でも行くことが出来るが、約3時間(往復6時間)も乗らないといけないため、子連れではかなり厳しいし、かなり揺れるという事前情報を得ていたため、運賃は倍くらいするが、オッシーたちにとって始めての水陸両用飛行機で行くことに決めた。

眼下に見えるのは、メキシコ湾の珊瑚礁!珊瑚礁の数など、石垣島やグレートバリアリーフほどはきれいではないが、それでも、かなりきれい。機内からは沈没船なども見ることが出来る。しかも、目を凝らすと、大きなマンタや海がめも見ることができた。

あっという間に、国立公園上空到着。飛行高度は150メートルほどだが、景色は最高!

もっときれいな写真をお届けしたかったが、ピンピンを抱っこしながら、カメラの設定もままならず、撮ったとの後の確認もしなかったため、使えない写真が今回いっぱいでてしまった。特に、国立公園の看板前で撮った写真が真っ白けであることが家に帰って判明して、残念。思い出は目に焼き付けましょう!

機内はこんな感じ。全席窓側なので、どの席に座っても景色を楽しむことができる。しかも、操縦席も丸見え!飛行機なのに、電子機器も使い放題!おまけにスッチーはいません。

他のお客さんはヨーロッパ系が多かったかな。前の赤ちゃん連れの夫婦もイタリア人。それにしても、旦那は結構年食ってたのに、奥さんはめちゃめちゃ若かった。やりよるな〜!

そうこうしているうちに、着水です。これから砂浜に着岸!飛行機はバック走行も出来るようで、砂浜には、後ろ向きに着岸した。

ちなみにパンパンは途中から寝てくれた。作戦成功だ!

 

オッシー何個目だろう?!20個目くらいかな?!アメリカにはまだまだ沢山の国立公園があるので、国立公園まだまだ制覇しないと!

でも、この国立公園はアメリカでもっとも行き難い国立公園なので、他のはここよりは行きやすいだろうから、また機会があれば、いろいろ行きたいな!

ここは昔、要塞やったところで、多いときには2000人くらいの人が住んでたらしく、病院やパン屋があったらしい。しかしながら、今は国立公園の人が住んでるのと、キャンプができるので、キャンパーが泊まるくらい。

この要塞の3分の2くらいは公開されていて、上に登ることもできる。上から見る海もきれい!

実は、シュノーケリングもできたのだが、オッシーがするとピンピンもやりたい!って言い出すやろうから、やめといた。いくらなんでもピンピンはまだ無理でしょう!泳ぎの特訓は夏にしたけど、まだ自分で浮くことができないからね。

建物はかなり重厚なつくりで、よくもこんなへんぴなところに、こんなに大量のレンガ(約1600万ブロック)を運んで、これだけ巨大な建物を作ったものだ。

崩れかけのところもあるが、ほとんどはそのままの状態で残っている。

中にはDr.Samuelの牢獄があるみたいですが、詳細はググッてください。

 

9時前に到着して、11時に帰りの飛行機に乗り込んだ!さようなら。っとその前に、ここに来た記念にVisitor Centerでマグネットを買おうと思ったが、なんとVisitor Centerが2時30分からしか開かない!ってことで、来た記憶は脳裏に焼き付けて、またね〜!

水上からスムーズに離陸した飛行機は、Key Westに向けて、戻る。

行きと同じ窓側に座れば、反対側も見れる。行き、オッシーは左側に座ったので、帰りも左側に座った。

帰りはKey Westの上空を遊覧飛行してくれた。

Key Westって約3万人くらいの人が暮らしていて、結構大きな町だった。Key Westの海岸の海は思ったよりもきれいではなかったが、これだけ人が暮らしているので、しょうがないか。

それから飛行機は滑走路に向けて、Key Westの空港に降下!無事着陸して、元に止まっていたところに駐機。このフライトは終了で、終わりにポストカードをもらって解散。

解散後は、ホテルに戻って、洗濯物が溜まってたので、コインランドリーで洗濯して、洗濯回している間は、近くの中華でランチ。結構おいしかった。

 

洗濯が終わってからは、ピンピンとパンパンは爆睡だったが、Key West観光に出かけた。Key WestはUS1号線の起点で、0マイル表示がある。ここからUS1号線がスタートして、この道はニューヨークやボストンなどを通って、アメリカの一番北まで行く道だ。ここでも中国人が記念写真をしていた。中国人多いや。

ここでの気温は29℃ということで、ビーチでも水着姿の兄ちゃんや姉ちゃんやおっちゃん、おばちゃんがかなりいた。12月とは思えない。オハイオは氷点下やったのに、陸続きで、こんなに気温差があるなんて、なんか違和感がある。

また、こんなに暑いのにクリスマスって言うのにも違和感がある。サンタクロースが似合わないな〜!

これはアメリカ本土最南端地点を示すマーク。ここからキューバまで90マイルだそうだが、この日は見えなかったな。運がよければ見えるらしい。

ちなみに、この写真のおっさんは知りません。

ちなみに、ここで写真を撮るには、並ばないといけないのだが、オッシーたちの前のカップルは、なんとオハイオから来ていた。なんでこんなところで?!

道端に鶏が沢山いる。かつて、Key Westでは、鶏が放し飼いにされていたらしい。今では法律で禁止されているが、その名残で、まだ道端で見ることができる。実際、かなりの数の鶏を見ることができた。事故に遭わないのかな?!

それから、港の方に来たが、大型豪華客船が三隻も停泊していて、そのうちの一隻が動き出した。いつかは大きな船にも乗ってみたいな!って言うと、ジャイ子が反対する。なんか、ジャイ子はタイタニックを見て、沈没したら怖いし、揺れるから乗りたくないらしい(泣)

Key Westの西側から見たメキシコ湾に沈む夕日。かなりきれい。

それから、オッシーたちはホテルに戻って、晩御飯にBENIHANAという鉄板焼きとお寿司のお店に行った。お目当ては、お刺身定食だ〜!やっぱりフロリダのシーフードは新鮮でおいしい!オハイオの寿司は何であんなにクオリティーが低いのかな?手を抜きすぎだろ!ってくらい。まー次の日はKey Westを出る日なので、ちょっと豪華な夕食を満喫した。本当は、フロリダと言えば、ストーンクラブというカニと海老とかが有名なんだが、子連れで時間のかかるカニは食べれないでしょう!ってことで、あきらめた!特に、パンパンが飯になると寝てても絶対に起きてうなりだして、室伏に負けじと劣らずの大声で叫びだすので、大変だ!

 

2012年12月20日(木曜日)

朝はホテルの朝食を食べて、Key Westを後にする。オッシーたちが泊まったホテルはKey West島に入ってすぐのところにある一番安かったQuality Innというチェーン店だが、1泊140ドルくらいした。高い!まー小さな島だから高いのはしょうがないが、この1週間後(クリスマス後)にもなると、1泊240ドルくらいになるので、クリスマス前に休みを取ってここに来たというわけだ。

それはさておき、またSeven Mile Bridgeを渡った。

本当はこの橋の東側で車を止めて、歩きたかったのだが、通り過ぎてしまったため、帰りによった。ここでは、橋の下を歩くことができる。

それから車は北上を続ける。

 

やっとのことで、この旅三つ目の国立公園であるBiscayne National ParkのVisitor Centerに到着。しかし、この国立公園ではあまりやることがない!というのも、この国立公園の95%は海となっているので、今回はVisitor Centerの横の短いトレイルを歩くだけにとどめておいた。

その証拠に、このように海の真ん中に国立公園の看板が作られている。

あたりにはかなりの数の野鳥が羽を休めていた。また、水もきれいでお魚も沢山泳いでた。となんと、オムツトレーニング中のピンピンがウンコに行きたいというので、急いで戻る羽目に!しょうがない!それから、Visitor Centerでマグネットを買った。

 

それから、さらに車は北上を続け、Kennedy Space CenterのあるCape Canaveralに到着。今日はここのQuality Innに泊まります。残念なことに、今日から寒波がアメリカを襲っているらしく、気温がかなり低下してきた。そのためか、ピンピンとパンパンとジャイ子の体調が思わしくない。特にパンパンはひどくて、鼻水と咳をしているので、Urgent Careに行くことに。いちよう見てもらったところ、旅行前に飲んでいた抗生物質と同じのを処方してくれた。これで何とかよくなってくれ!

それから、薬局で薬をもらって、その近くにあった、中華のTake outを注文して、ホテルで食べた。

 

2012年12月21日(金曜日)

今回もホテルの朝食を食べて、ホテルを後にして、Kennedy Space Centerに向かった。オッシーが長年行きたかったところにようやくこれた!っと言っても、結局、子連れでは案内もよく聞けないし、写真もうまく取れないしで、「え?」って感じやったけど、それは仕方がない!脳裏に焼き付けておこう!

 

入り口のところでは、ロケットが沢山展示しているのが見える。ここでは、Go Orlando Cardを使用。この旅、2回目の使用だ。このカードについて説明しておくと、あらかじめ、インターネットで3日間用、5日間用、7日間用というのが売られていて、2週間以内にその決められた日数、提携しているアトラクションに乗り放題になるというカード。オッシーたちは大人一人$179.10で購入したが、Gator Park Airboat Tour ($22.90) + Kennedy Space Center ($53.00) + Titanic ($23.38) + Sea World ($84.14、二日目フリー) + Gatorland ($24.99)のすべてを自腹で払うと、$208.41なので、$30くらい得した感じ。

本当は、Zoo Miami ($17.07) + Duck Tours South Beach ($32.00) + American Police Hall of Fame ($13.00) + Outta Control Magic Comedy Dinner Show ($26.53) + The Haunted Grimm House ($12.50)にも行く予定にしていたが、行けなかった。それならもっとSaveできてたのに(泣)。。。

こんなんもあった。

P.S.写真は多くて、説明はあまりないが、それはご容赦ください。

オッシーたちはまずバスツアーに行くことに。大きなバスに乗り込み、Kennedy Space Centerの中を見学。

これが有名な建物。Vehicle Assembly Buildingって言うらしい。スペースシャトルの組み立て棟で、世界でもっとも大きな建物らしい。高さは160メートルらしい。実際見てみても、周りに比較するものがないため、大きさがあまりわからないが、、、

これは発射台やね。
今は昔、かつてはスペースシャトルの発射もここで行われていた。見たかったな〜!今でも、ロケットの発射は行われているので、それもみたかったな。実はオッシーたちが来る前(確か12月15日)にもSpaceX社のロケットの発射(スペースステーションへの無人の補給機)が行われていたようだ。

それから、バスはアポロセンターへ

到着すると、部屋にみんな押し込まれて、ショートムービーを見て、ここへ。これはアポロ計画のときに実際に使われた司令室らしい。なんかアトラクションの一部になっていて、実際にアポロ11号の打ち上げ3分前からカウントダウンされて、映像と音声で打ち上げの様子が流れる!

これはアポロの時に使われた巨大なサターンロケットやね。

ピンピンにはまだちょっと早かったようで、全く理解できてなかった。まー勉強してくれ!って言いたい。

それからピンピンはおなかが空いていたのか、機嫌が悪かったので、フレンチフライとピザを食べて、後にした。もうちょっとゆっくりIMAX Theaterとか見たかったが、またの機会だな!

 

それから、オーランドの方に移動して、本当はお化け屋敷に行きたかったが、午後6時からしか開いてないようなので、ワニを見にGatorlandに行くことに。

ここでは、野生ではないが、ワニが沢山飼われていて、アリゲーターとクロコダイルを見ることができた。1日に何回もショーが行われていて、それを見るのも楽しい!

こんな白いワニもいたが、なぜこうなったのかは、ググッてくれ〜!

真っ白で、気持ちが悪いわ。しかも、4匹もいた。

白いヘビもいた。かなり大きい。7〜8メートルくらいあったかも?!

そのほかにも巨大なヘビが3匹くらいいた。オッシーとジャイ子が昔ベトナムに行った時に、太いヘビを首に巻いたのを思い出した。

それから、ワニに餌をあげるショーがあったので、それを見たが、ピンピンは大はしゃぎ!

ここは5時で閉まるので、お土産屋さんを見てから、モーテルにチェックイン。今回はSuper 8に2泊だ!

晩御飯は近くの中華と寿司のビュッフェに。フロリダは裏切らないね〜!寿司がうめ〜!オハイオがますます嫌いになってきたかも?!

 

2012年12月22日(土曜日)

朝はまたまたモーテルの朝食を食べて、ひとまずOrange Worldというフロリダ産のオレンジを売っているお土産屋さんへ。オレンジの種類が沢山あり、しかも試食してジューシーでかなりおいしかったので、買うことに!ぶっちゃけ、家でも食べてるが、めちゃめちゃみずみずしくておいしい!こんなの食べたことがない!

それから、Sea Worldへ。

シャチのショーを見たが、迫力があるね〜!こんなに大きな、しかも沢山のシャチがジャンプとかすると、見ごたえがあった!ジャイ子はかなり気に入ったようで、シャチの大きなぬいぐるみまで購入させられた!

ジェットコースターとか急流すべりとかの乗り物もあるが、小さな子は乗れないので、動物のショーを何回もみた!

イルカのショーもあって、これはサーカスと融合したような感じで、これも見ごたえあった。ぶっちゃけ次の日もここに来たが、合計3回もイルカのショーを見た。シャチのショーも2回見た!

P.S.実は2日目の無料券がもらえるので、2日間楽しめる。でも、クリスマスシーズン特別のショーが夕方6時くらいから始まって、夜11時には花火のフィナーレがやるが、子連れではこういうのは無理だね(泣)

またまたピンピンがイルカ!イルカ!っていうので、イルカに餌をあげてきた。怖がるのかと思いきや、自分で魚を手でつかんでちゃんとイルカに餌あげできてた。ピンピンすごいな!

ワニといい、イルカといい、かなり動物を怖がらなくなってきたのかも!その調子だ!

先ほど話したように、Sea Worldにはこのようにジェットコースターもあるが、これは今回はパスだね。っていうか、実はオッシーはあんまり得意じゃないが、、、

クリスマス前ということで、それ関連のイベントが沢山あり、それを目当てに来る人もいるほどだが、オッシーたちは夜遅くなると、子供の教育に悪いので、ホテルに帰った。というか、結構寒くて、昼から行ったが、結構疲れたので、ホテルに帰りましょう!

 

2012年12月23日(日曜日)

次の日も引き続き午前中はSea Worldのショーを楽しんだ。

なんだこの大きなアザラシは。でかすぎるぞ!

午後からは、ジャイ子がアウトレットモールに行きたいと言うことで、行くが、かなりの渋滞で、何とか回り道をして、到着。オッシーはドライブするーして、マクドの駐車場で待機だが、マクドに車を止めて、アウトレットモールに行く悪質な客が多いためか、通報されてて、車もってかれとった。残念は人たち。

 

それから、3時くらいになったので、Orlandoの中心部を抜けて、車は北上した。

オーランドはまだまだ遊ぶところがあるので、またここメインで来たいな!特に、ディズニーにあんまり興味はないが、1回くらいはディズニーワールドに行ってみたいかも?!

それから、さらに車は北上して、Daytona BeachとJacksonvilleを抜けて、ジョージアに入り、Savannahという町でモーテルを探して、泊まった。モーテルがまたわかりにくいところにあんねん!でも部屋はかなり広くて、きれいだ申し分なかった!

晩御飯はFood Lionというスーパーで冷凍食品を買って、ホテルでチンして食べた。

 

2012年12月24日(月曜日)

朝はホテルの朝食を食べた。この旅は、食費を極力減らすため、ホテルで朝ごはんを食べることを大原則とした。パターンとしては、ジャイ子とピンピンが先に食べに行って、オッシーがピンピンを見てて、帰ってきたら、交代するパターンだ。

それから、車を走らせ、さらに北上。

 

ジョージアを抜けて、サウスキャロライナ→ノースキャロライナ→テネシー→ケンタッキーを通ってオハイオに戻ってきた。

途中、ノースキャロライナあたりで、アジア料理の食べ放題に行ったが、そこでオッシー鉄火巻を発見して、食べつくす!うめ〜!何でオハイオはこんなにおいしい鉄火巻を作れないのか!残念でありゃしね〜!

 

総括として、子連れの旅はかなり大変だった!特に、レストランなどでの待ち時間が大変。ピンピンはもう3歳なので、まだいいが、パンパンは飯になると、暴れだすので、こりゃ大変だ!子連れはファーストフードに限ると言うことを改めて実感したこの旅。今回もかなり距離を走って、色々なところに行ったが、まだまだやり残したことも結構あった。しかしながら、ジャイ子もピンピンもパンパンも(?)かなり喜んでくれて、それなりに充実した旅だった。これを糧に来年も頑張ろう!

P.S.2013年からジャイ子が大学に戻るため、時間的にも、金銭的にもかなりきつきつになるため、当分は今回のような長期の旅にはいけないであろう!ってことと、2012年夏休みの旅は、人身事故の慰謝料(怪我はなかったが、ジャイ子の出産予定日の前日と言うことで、念のためチェックしてもらったら、幸いにして人身事故になって慰謝料がもらえた)でほとんどカバーできたというのもあって、今回は大奮発した。また旅に出れる日を願いつつ、このあたりでしばらくの間、筆を置こう!

 

 

総走行距離約3400マイル(5440km)

 

宿の情報

宿泊した日

宿泊先の情報

12月15日(金曜日)

ジョージア州の南部のValdostaにあるSuper 8($61.59)

12月16日(土曜日)

フロリダ州のTampaにあるBeymont Inn($67.20)

12月17日(日曜日)

フロリダ州のMiami近郊のFlorida CityにあるTravelodge($89.26)

12月18日(月曜日)〜19日(火曜日)

フロリダ州のKey WestにあるQuality Inn($267.48)

12月20日(水曜日)

フロリダ州のOrlando近郊にあるQuality Inn($60.10)

12月21日(木曜日)〜22日(金曜日)

フロリダ州のOrlandoエリアのSuper 8($146.88)

8月24日(金曜日)

ジョージア州のSavannahにあるBaymont Inn($63.43)

 

旅の費用

今回の旅、思ったよりも、ガソリン代がかからなかった。平均で1Gallonあたり3ドル20セントくらいやった。
旅の総額としては、だいたい3000ドルくらいかかったが、予想内なのでまーよしとしよう。

ガソリン代(15回給油)

450.83ドル
(31.98 + 26.29 + 31.09 + 29.52 + 39.36 + 18.67 + 14.68 + 37.67 + 34.86 + 26.53 + 20.00 + 37.80 + 34.29 + 34.11 + 33.98)

宿泊代

合計$755.94+リゾート税(5ドルくらい)

Go Orlando Card

大人一人$179.10、子供一人$152.10

Stone Mountain Park Parking

車一台$10

Homosassa Springs Wildlife State Park

大人一人$13

Everglades National Park

車一台$10

Gator Park Airboat Tours

Go Orlando Cardを使用

Dolphin Resarch Center

入場料大人一人$20、イルカに合う人一人25ドル

Seaplane to Dry Tortugas National Park

大人一人$265、子供一人$212

Kennedy Space Center

車一台$10、入場料はGo Orlando Cardを使用

Gatorland

フリーParking、入場料はGo Orlando Cardを使用

Titanic: The Experience

フリーParking、入場料はGo Orlando Cardを使用

Sea World

車一台$15、入場料はGo Orlando Cardを使用

 





前画面に戻るホームに戻る

注意&お願い

このホームページは日本国内法及び、国際法によって保護されています。個人で楽しむ以外にこのホームページの内容や画像等を利用することは著作権、及び肖像権の侵害にあたります。このホームページに掲載されている情報はすべてが正しいとは限りませんのでご注意ください。リンクはフリーですが、できればメールでお知らせください。相互リンクも募集中。

このホームページに関するお問い合わせはこちらまでお寄せください。

Copyright© 2000-2011. nobuyuki777.com All Rights Reserved.