サイト内検索: ホーム     |     アメリカ国立公園     |     アメリカ写真特集     |     高画質写真館    |     リンク集   
Powered by Web Hosting Pad 
ホーム

旅行情報
海外旅日記
国内旅日記


旅行計画


アメリカ・カナダ写真
(pipipiga版)
ヨーロッパ写真
アジア写真
国内写真


紅葉, , 花火, 飛行機

アメリカ映像

壁紙

カメラ

プライベート
リンク集


オッシーの日記
オッシーのブログ
ジャイ子の日記


管理人ページ




Web Hosting Pad

Spring Breakの天気に左右されない洞窟巡りの旅!

第42話:2014年03月01日〜03日(2泊3日)

登場人物

オッシー & ジャイ子 & ピンピン(4歳) & パンパン(21ヶ月)

写真合計39枚ロードするのに時間がかかるかもしれませんが、辛抱強くお待ちください。

行程マップ右下のデイトンから南にスタートです!

 

2014年03月01日(土曜日)

オッシーには関係はないが、大学生のジャイ子が3月の第1週が丸々Spring Breakで休みやから、どっかに行きたいってことで、計画を立てたが、この時期結構寒いのと、最近はストームが多くて、せっかく予定立てても、天気でおじゃんになるのがいややから、天気に左右されない洞窟巡りの旅に出ることに。でも、オッシーも会社はあんまり長いこと休めないので、2泊3日でTenesse方面に行くことに。Tenesseeは通過したことはあるが、メインでは行った事がないので、NashvilleとKnoxvilleを目指して行くことに。

また、実は前までの旅のお供であったCR-Vをこき使い過ぎたためか、調子が悪くなって、Prius v(日本ではPrius α)に買い替えたので、試し長距離ドライブも兼ねて行くことに。Prius vはPriusでも、ワゴンタイプなので、荷物はまあまあ搭載できるが、燃費が果たしていいのかわからないので、それも今回、見てみよう!ってことで、それで行くことに決めた。(オハイオの冬はマイナス20℃くらいの激寒なので、暖気運転で、町乗りの燃費はいまいち。四輪駆動車のCR-Vよりはいいが。)

 

今回は最初のKentuckyの洞窟までは約4時間のため、朝4時くらいに家を出ることに。着いてから気がついたが、KentuckyはCentral Timeでオハイオよりも1時間遅いため、もう少し遅めに出てもよかった。DaytonからCinncinatiとLouisvilleを経由して、Mammoth Cave National Parkへ。最初の洞窟は国立公園となっている。実は、オッシーとピンピンは約2年前にここに来て、高低差が少なく、最も簡単な1時間15分のMammoth Passage Tour(階段160段)に参加したことがある。今回は別のツアーに参加予定!

 

Kentucky時間の午前7時30分くらいに到着。ツアー開始は9時30分なので、それまでは車で朝飯を食べたり、近くを散歩したりして、時間をつぶす。ビジターセンターは8時に開くので、その中の展示を見たりもした。

実はツアーが混んで、チケットが取れなかったらだめなので、前日にインターネットでチケットを予約購入済みで、それを受け取った。

今回はNew Entrance Tour(階段500段)という名前のツアーに参加。約2時間のツアーで、長いかなと思ったが、前に行った短いツアーは正直あんまり面白くなかったので、思い切ってこれにした。

洞窟の入口まではこのバスで移動。10分ほどで洞窟の入口に到着。。

バスを降りて、洞窟の入口まで少し歩く。何もないところに、ドアがポツリとある。もしかして、これが洞窟の入口か?当たり前か!

ツアーは見ての通り、30〜40人くらいいたかな?!3連休だからもっといると思ったが、そんなに多くはなかった。

ドアの前で、Park Rengerの人の説明を聞いた。当たり前だが、何も触ってはいけないし、何も持って出てはいけないなどの注意事項。また、足元がかなり滑りやすくなっているなどなど。

このドアを開けると、すぐ階段になっていて、これでもかってくらい280段の階段を一気に下りる。

途中、広いところもあるが、ほとんどがかなり狭い道で、行く手を岩がごつごつ出ていて、洞窟の縦穴を下りていく感じ。ピンピンは自分で上手に下りていったが、パンパンは自分で下りるとかなり時間がかかり、ツアー参加者の迷惑になるので、オッシーが抱っこして下りていったが、抱っこして狭い階段を下りていくのはかなり大変だった。どおりでこんな小さな子供はいなかった。

また、階段は人工の階段で、下りやすかったが、どうやってこんなところにこんな階段を組み立てたのか、なぞだ。

やっとのことで、一番下まで到着。みんなが来るのを待って、Park Rengerが説明してくれるが、じっと座ってられないピンピンとパンパンの世話のため、説明はほとんど聞けず、、、ま、それは承知の上だ!

それから少し歩いては、話を聞きながら、奥に進んでいく。この辺は水があまりなく、ゴツゴツの岩ばっかり。

それからさらに奥に進むと、Niagara Fallsかなんか言う鍾乳洞があって、かなりきれいだった。

水が上からしたたり落ちるところはこのように鍾乳洞になっていて、何百年という長い年月をかけて作られていった神秘的な光景だった!

ここは行き止まりだが、少し階段で下におりて行って、下からの光景も楽しめる。行き止まりなので、またあがってこなければならないが、行く価値はあるぞ〜!

ピンピンとパンパンにはまだわからなかったみたいだが、、、

鍾乳洞から出口までは結構はやくて、最後はここの扉から出て終了。バスでまたビジターセンターのところまで戻ってきた。

最初に下りた階段をまた上がってくるのかと思ったが、さすがにそれはなかったのでよかった。

 

それから時間は昼くらいになり、車の中で用意していたクロワッサンを食べて、車はKentuckyからTenesseeのNashvilleに向けて走り出し、Tenesseeに入った。

予想通り、ピンピンとパンパンは爆睡。そりゃ疲れるだろうし、昼寝の時間だ!

 

途中、ガソリンを入れて、Tenesseeの州都Nashvilleに到着。Nashvilleに来るのはオッシーたち初めてだ。

ピンピンとパンパンは爆睡なので、まずは車で市内散策。市内を走ると、パルテノン神殿を発見!なんでここにこんなものを作った?でも、憩いの場所らしく、人が沢山いた。

それから車はダウンタウン方面に。何かイベントがやっていて、馬なども走っていた。さすがはMusic City。音楽関係のイベントらしく、ライブ演奏などもやっていて、人が多い!

ピンピンとパンパンが起きだしてきたので、川の対岸で無料のパーキングを発見して、歩いて橋を渡ることに。

この橋はNshvilleで有名なShelby Street Bridgeというらしく、これは歩行者用の橋としては、世界でもっとも長い橋の一つらしい。眺めはかなり良く、川の対岸のNashvilleが一望できる。

Music Cityらしく、標識もおしゃれ!

対岸までは行かなかったが、夕食まで時間が少しあったので、その駐車場の近くの公園で、少し遊ばす。

 

それから、晩御飯を食べに、Opry Mills MallってショッピングモールにあるAquarium Restrantに移動。何かこのモールはかなり混雑していて、オッシーたちが行った時はまだよかったが、帰る時は反対側が大渋滞で、パーキングも満車で、これじゃなくて、よかったと思った。

このレストランは中に大きな水槽があり、水族館の気分が味わえるらしい。大きなエイやサメなどがいて、ピンピンやパンパンは大はしゃぎ!料理も思ったよりもおいしくて、大満足!

 

それから、今夜泊まるホテルにチェックイン!Nashivilleの南部にあるCountry Inn&Suitesというホテルで、この系列のホテルは今まで泊まったことがなく、ちょっと冒険してみたが、全然よかった。値段はいつも泊まるSuper 8よりは高いので、期待はしていたが。

 

2014年03月02日(日曜日)

朝、ホテルの朝食を食べてから、この旅2つ目の洞窟であるCumberland Cavernsへ。

実はこの洞窟に行く途中、ピンピンが用を足したくなったので、ガソリンスタンドに寄ったが、そこにPolice Man(警察官)もトイレにきていて、ピンピンが「Police Man」って行ったから、その警察官がわざわざバッチの形をしたシールをパトカーから持ってきてくれて、帰り際に、パトカーのサイレンを光らせてくれて、ピンピン大喜び!

洞窟のビジターセンターで、チケットを買って、ツアーの時間まで、その横にあった、建物の迷路みたいなところで、遊んで、時間になったので、洞窟に向けて参加者全員で歩いていった。

洞窟の入口は結構広かったが、中は一定の温度と湿度で保たれていたが、湿度が高く、歩くと蒸し蒸しした。

ここも水が豊富にあり、鍾乳洞がいたるところにあって、かなりきれいだった。

途中に本物のコウモリを発見。ピンピンはBatって言って、大はしゃぎ!でも、ちっちゃいな。

割れ目から水が垂れて、いたるところで鍾乳洞が形成されている。

天井に着きそうな鍾乳洞。あと2インチくらいで着くらしいが、何十年、もしくは何百年とかかるだろう!

結構、階段を上がったり下りたりが激しくかったが、一番奥に行くと、椅子に座って、真っ暗の中、光と音のショーみたいなのがあって、びっくりした。ここで今流行のプロジェクションマッピングしたら、面白いやろうな!って思ってしまったが。

なぜか、洞窟の中にトイレや売店が。実は、もっとも大きな部屋では、コンサートが開かれるらしく、そのための物らしい。こんな中でコンサート聴いてみたいな。それはまた今度(ピンピンとパンパンが大きくなってから)やな。

コンサート用にシャンデリアがあって、それも光らせて、音楽も録音だが、流すデモンストレーションがあった。結構嗜好を凝らした仕掛けがあって、結構楽しめた。

 

約2時間くらいでツアーが終わって、それから車はこの旅3つ目の洞窟に向けて、出発。テネシーの山の中を走る。

ピンピンとパンパンは爆睡。途中、お昼ご飯にマクドナルドで、食べたが、田舎過ぎて、マクドナルドがない。

 

さっきの洞窟から約2時間で次の洞窟に到着。洞窟っていうか、なんかファンシーな名前が付いてて、もうちょっと大きななんかがあるのかなと思ったが、いたってこじんまりしていた。

到着時間がかなり遅くなったが、5時の最終のツアーに間に合った。

1時間のツアーに参加した。このトンネルを抜けて洞窟に入っていく。ここは結構整備されていて、道も歩きやすくなっていた。

洞窟の中に植物が?実は発見当時はなかったみたいだが、人が入るようになってから、生えてきたらしい。種がどっかから入ってきたみたい。でも、太陽が照らない洞窟の中で、よく育つな!

実はここには巨大な地底湖があり、かなり大きかった。しかも、電動のボートでその湖を進むことができる。真っ暗であんまり見えないが、底にはニジマスが400匹以上生息しているらしい。

かろうじてフラッシュをたいて、撮ったが、案内してくれる人がえさを撒くから、ニジマスが近くに寄ってきて、ピンピンとパンパンは大喜び!

このように、半分水に浸かった道を通っていきます。それにしても、大きな部屋だ!

ちっちゃなグランドキャニオンって言ってて、本物のグランドキャニオンと比べてどうか?って聞かれたが、比較になりませんね!

それから、ツアーは終了したが、終わってみれば2時間が過ぎていて、急いでKnoxvilleへ。

 

夜はあらかじめ探していた、KnoxvilleのMakino Japanese Buffeという寿司の食べ放題に!寿司は、オーダーしてから作ってくれるシステムで、新鮮でおいしかった。かなり幸せ〜!ピンピンはえびとマグロを食べます!パンパンはまだだね。オハイオにこの寿司食べ放題が欲しい。料金は一人18ドルと結構するが、このクオリティーなら行く価値あり!

 

 

2014年03月03日(月曜日)

次の日は、Super 8の朝食を食べてから、ホテルを後にする。

ここまで結構もってくれたが、この日はあいにくの雨。予想はしていたが、ここで雨だと、北の方に行くと雪なので、帰れるか心配だが。

 

せっかくなので、Knoxvilleの市内を散策。実はジャイ子がかなり前から、行ってみたかったらしい。もう今はいないが、好きな俳優の出身地らしいよ。

大学があったので、そこをドライブ。月曜日ということで、大学生が沢山歩いていた。

昔のダウンタウンも見てみたが、朝はどこも開いてないね。

それから、ピンピンとパンパンが車を降りたいといいだしたので、スタバでお茶してから、オハイオに向けて出発。今日は移動日なので、夜までに着けばいい感じ。

予想通り、ケンタッキーからは雪で、高速道路3車線が雪で1車線しか走れず、のろのろ運転だったが、無事にオハイオに戻ってきた。

 

総括としては、2泊3日の旅で思ったよりも満喫できた。テネシーは結構山が多く、洞窟もあり、前から行ってみたかったが、手軽に行けて、また行きたいな!って感じ!今度は夏休みの旅行になるので、その計画をそろそろ立て始めようかな!

 

総走行距離約950マイル(1520km)

 

宿の情報

宿泊した日

宿泊先の情報

3月01日(土曜日)

Nashville南部のCountry Inn & Suites($99.31)

3月02日(日曜日)

Knoxville西部のSuper 8(ポイント利用のため$0)

 

旅の費用

ジャイ子のプリウスのためか、ガソリンは思ったほどかからなかった。

ガソリン代

約$120

Mammoth Cave National ParkのNew Entrance Tour

$12.00×2

Cumberland CavernsのTour

$19.00×2

The Lost Sea AdventureのTour

$17.95×2





前画面に戻るホームに戻る

注意&お願い

このホームページは日本国内法及び、国際法によって保護されています。個人で楽しむ以外にこのホームページの内容や画像等を利用することは著作権、及び肖像権の侵害にあたります。このホームページに掲載されている情報はすべてが正しいとは限りませんのでご注意ください。リンクはフリーですが、できればメールでお知らせください。相互リンクも募集中。

このホームページに関するお問い合わせはこちらまでお寄せください。

Copyright© 2000-2011. nobuyuki777.com All Rights Reserved.