サイト内検索: ホーム     |     アメリカ国立公園     |     アメリカ写真特集     |     高画質写真館    |     リンク集   
Powered by Web Hosting Pad 
ホーム

旅行情報
海外旅日記
国内旅日記


旅行計画


アメリカ・カナダ写真
(pipipiga版)
ヨーロッパ写真
アジア写真
国内写真


紅葉, , 花火, 飛行機

アメリカ映像

壁紙

カメラ

プライベート
リンク集


オッシーの日記
オッシーのブログ
ジャイ子の日記


管理人ページ




Web Hosting Pad
オッシーの日記帳

オッシーの日記帳

 1週間ごとの気まぐれ日記帳だったはずです。

この日記は本当にあった話です。

お勧めリンク

09/26/2009(土曜日)

今日はLASIKの1週間検診に行ってきました(またLASIK話です)。結果は良好で、両目での視力が1.5になっていて、驚きです(片目毎も1.5でした)。コンタクトでも乱視が入っていたために、ここまで矯正は出来なかったので、うれしいです。今日からは外出時にゴーグルをつけなくてもよくなるし、ジョギングなどの軽い運動も行うことが出来ます。また、目薬も1日5回やったのが、今日から1日3回で目薬も新しいのに変わりました。それに、前回の検診時に頼んでいた診断書が出来上がっていたので、あとは印鑑証明をもらって、手術給付金を保険会社(アリコ)に請求します。LASIKで手術給付金が下りるなんて思ってもみなかったが、最近の保険はLASIKでは下りないところが多くなっているらしい。次は1カ月後検診だ〜!これで異常なかったら、検診は終了らしい。

ところで、子供が来月生まれる予定なので、なんとデジタルビデオカメラを買いました。オッシーは一眼レフを持っていて、カメラだけじゃ〜!ってことで、ビデオカメラもそろえました。実はジャイ子が9年くらい前に買ったデジタルビデオカメラ(約30万円)があってんけど、なんせテープやから、ってことで、パソコンにも保存できるように、新しいのをゲットしました。今のはかなりちっちゃくなっていて、値段もかなりお安くなってるから、この際に思いきりました。オッシーが買ったのは、CANONのiVIS HF S11ってモデルで、画質がいいのが良かったから、サンプルをダウンロードして、他社のと見比べたりして、これに決めた。ヨドバシの店員さんいわく、お勧めはソニーです!って言われてんけど、オッシーそういえば、ソニー製品買ったことないから、一眼レフでもおなじみのCANONにしておいた。また、CANONでもちょっと安くてちっちゃいサイズのやつ(iVIS HF21)があって、どっちもフルハイビジョンで最高ビットレートが24Mbpsやってんけど、動画撮影時の画素数が299万画素で、iVIS HF S11の601万画素には及ばんな!って思って。ただ、オッシーのパソコンはフルハイビジョンの再生はちょっと微妙なことに気がついてん。オッシーのパソコンはノート型やねんけど、グラフィック系があんまり強くないみたいで、24Mbpsやと動画がサクサク動かんねん。これはデスクトップがほしいな!って気がしてきた。それか、17Mbpsくらいに落としたらうまく見れるかもしれんけど、これはまだ確認してないわ。DVDは最高でも17Mbpsでしかないらしいから、DVDは問題なく再生できるから、これだと大丈夫やと思うねんけど。

肝心のお値段ですが、ヨドバシカメラで見たら、12万9000円くらいの値段がついてて、たけ〜!って思って、ネットで見たら、最安値で8万円くらいやったので、5万も安いならネットやな!って思って、ネットで買ったが、最初クレジットカードが使えなかってん。なんやと思ってカード会社に問い合わせたら、ネットショッピングで不正利用が多いので、セキュリティーがかかっていたとのこと、気を取り直して、再度注文しようとしたら、運悪くそのショップの値段が11万9000円に上がってて、マジで切れかけた!これっていやがらせか!って思って、そこで買うのをやめて、他のネットショップで、クレジットカードのトラブルがないように、代引きで購入した。使いたい時に使えないクレジットカードも無用やな!って思って、クレジットカードの乗り換えも検討中。ついでに、トラベルバッテリーキットってやつも購入した。これは、急速充電器と予備大容量バッテリーがセットになっているやつで、収納ポーチもついていて、旅先では重宝するだろう!アダプターは結構コードとかが邪魔やし、バッテリーを充電する時には、いちいち本体に接続しないといけないので、旅行の時はかなり便利だろう!

そんな感じで、今日はこれくらいにしておきます。

09/22/2009(火曜日)

マジで日記サボってます。っていうか、最近忙しくて日記を書いている暇はありませんでした。ジャイ子が妊娠して、羊水過少で自宅で安静にしているように言われ、それでも良くならないので、入院してたし、オッシー初TOEIC受験やったし、視力回復手術であるLASIKも受けたので、書くネタはあんねんけど、書く時間がなかった。まずは、LASIKについて書いてみます。

オッシーは視力が中学生のころから悪くて、最初はメガネをかけていたが、メガネが合わなかったようで、メガネがあたる鼻の上のところの皮膚が負けて、炎症を起こして、ぐちゅぐちゅになって、それからはずっとソフトコンタクトレンズをしてた。でも、コンタクトもあんまり調子が悪くて、すぐにレンズが汚れて、結膜炎になるわで、最初は使い捨てじゃないやつを使っていたが、1日使い捨てに変えて、調子は良かったが、お金がかかるのがネックやった。オッシーは乱視が入っているので、コンタクトの値段が倍近くかかんねん。それで、ハードコンタクトも試したが、それも結構汚れることが多くて、結局は費用とレンズの汚れの関係で、2週間使い捨てレンズが妥当という判断に落ち着いて、ずっと2週間使い捨てを使っていたが、ここ2,3年は、春になると、花粉症の影響と黄砂の影響で、2日と持たずに、レンズが汚れてきて、2週間を待たずしてコンタクトレンズを替えないといけない時がたたあったため、それなら1日使い捨ての方がリーズナブルということで、調子の悪い時は、1日使い捨てを使っていた。前からLASIKに興味はあったが、両目50万円くらいだったので、躊躇していたが、最近はかなり安くなっていて、21万円くらいだった。しかも、今入っている保険の手術給付金が10万円下りるので、実質11万円なので、それならと思い受けることを決意した。ジャイ子の知り合いのKさんも受けていて、めちゃめちゃいいよ!って言ってたし。どこに受けようかといろいろ調べたが、なんか、いくつかLASIK専門の眼科があったが、Kさんの受けた神奈川クリニックがなんかよさげやって、そこを受けることにした。

最初、インターネットで、そのホームページを見てみて、なんか角膜の厚みや目の病気がある場合など、全員が受けられへん!って知って、取り合えず無料の検査に申し込んでみた。それで、検査を受けてオッシーの角膜の厚みは、
  右:517μm
  左:525μm
で、手術には十分な厚みがあるとのこと。オッシーの近視の場合、手術では約80μm削るらしく、また、右目の乱視がひどくて、その場合は再手術が必要になるかもしれないが、この厚みなら再手術のための厚みも十分あると言われ、内心ほっとした。それに、目の病気もないので、手術可能との判断が出ました。ちなみにオッシーの目は、
  視力 右:0.05 屈折度 右:-4.75D 円柱 右:-2.25D
     左:0.04     左:-5.00D    左:-1.50D
で、近視は中等度、乱視は右が強度、左が中等度で、LASIKでは両目視力1.5程度まで矯正することができるが、右目の乱視が強いので、右目は再手術の必要がでるかもしれないと言われました。

それで、手術することに決めて、19日土曜日に手術を受けてきました。手術当日、術前検査を行い、異常がないことを確認して、支払いを済ませ、オッシーの順番を待っていました。名前が呼ばれ、更衣室でメガネをはずし、服の上から手術着を着せられ、帽子をかぶり、麻酔の目薬が点眼されました。それから、手術中の注意事項みたいなファイルを渡されて、読んでおくように言われたが、読む時間もなく、手術室に呼ばれました。最初はフラップ作成のためのレーザーを当てますが、クリーンルームに入るや否や、右目に丸いものをはめられ、かなり圧迫され、最初はなんか見えましたが、次第に何も見えなくなり、どこを見ればいいのかわからなくなり、なにも見えませんが、これでいいのですか?って聞くと、何も見えませんよ。そのままじっとしていてください。と言われ、じっとしていました。瞬きしたくても出来ないので、そのまま我慢して、はい終わりましたよ!と言われました。次は左目です。右目と同じようにフラップ作成が終わりました。目薬を点眼されましたが、白内障になったことはないが、白内障みたいに視界が白く濁っていましたが、そのまま手を持たれ、クリーンルームを出て、次のレーザー照射の部屋の前まで、移動させられました。そこにはすでに4人くらいレーザー照射を待っている人がおり、待ち行列ができていました。オッシーもその待ち行列に並び、ようやくオッシーの前の人がクリーンルームへ。手術中に、顔の周りに、水が流れるため、タオルを巻かれ、再度麻酔の目薬が点眼されました。いよいよオッシーの番です。手術台に乗り、布切れが顔にかぶせられ、上まぶた・下まぶたが粘着テープで固定され、瞬き出来ない状態にされます。なんか目の前にUFOみたいな光が見え、その真ん中に緑のライトが点滅し、そこを見るように言われました。それで、目に何かをはめ込まれ、次に、フラップをまくりあげられます。これが気持ち悪くて、フラップがまくり上げられると、より視界が悪くなり、緑の点滅もかすかに点滅しているようにしか見えませんでした。その状態で、いよいよレーザー照射がスタートしました。レーザーの音(ジーーーーーっみたいな)がして、何かが焦げているような、変なにおいがしてきました。角膜が削られているためでしょう。約7〜8秒間レーザーが照射され、目が洗い流され、フラップが元の位置に戻され、上から器具のようなもので、フラップを押さえつけていました。粘着テープがはがされ、次に、右目が同様にスタートしました。終わって、目の状態をチェックし、手術終了です。この時点でちょっと視界はぼやけるが、かなり見えていました。目薬をもらい、保護用のゴーグルをつけて、帰宅しました。その後、3〜4時間くらいは目がしみて、寝ると気持ち悪くなって、かなりしんどかったですが、それ以降はかなり快適で、感動でした。翌日の検診では、右は若干1.5見えてるか見えてないかくらいだが、左目は1.5見えているとのことで、異常はないようだ。もう3日経っているが、かなり調子はいいし、見え方も思った以上に見えてます。思った以上にというのは、オッシーは乱視が入っていたために、コンタクトやメガネではあまり矯正は出来ていなかったが、LASIKではかなりいいところまで矯正されており、メガネやコンタクト以上にいい見え方になっていると実感している。まだ将来どうなるかはわからないが、オッシー個人の感想としては、120%満足である。しかしながら、LASIKがうまく出来なかった(フラップ作成失敗や不正乱視などの合併症や感染症になった)方やLASIK適用外の方など、お悩みの方も多数いることは事実なので、まだまだ100%安心とは言えないが、リスクを承知の上に手術を行うこともありかと思います。

今日はちょっと長くなってしまったので、このへんにしておきます。

Have a great holiday!





前画面に戻るホームに戻る

注意&お願い

このホームページは日本国内法及び、国際法によって保護されています。個人で楽しむ以外にこのホームページの内容や画像等を利用することは著作権、及び肖像権の侵害にあたります。このホームページに掲載されている情報はすべてが正しいとは限りませんのでご注意ください。リンクはフリーですが、できればメールでお知らせください。相互リンクも募集中。

このホームページに関するお問い合わせはこちらまでお寄せください。

Copyright© 2000-2011. nobuyuki777.com All Rights Reserved.